NPOいラ研移住相談等の取組等について、インタビュー記事を掲載いただきました。

理事長を務めています。

NPO法人いすみライフスタイル研究所での移住相談等の取組について、

3名のライターさんにインタビューしていただき、記事を掲載いただきました。


「移住者の数より大切にしているのは、一人ひとりの人生に向き合うこと」。

NPO法人いすみライフスタイル研究所・髙原和江さんの 「オーダーメイドの移住相談」とは?

ライター松尾真奈さん


●地元の習慣、言葉、感情を伝える通訳人髙原和江さん。

町を飛び出した彼女が、町に戻り、まちづくりを通じて広げる繋がりとは?

ライター 高島 遼さん


●「いすみの宝物は“人の繋がり”」。移住者と地元の人との相乗効果を生み出す、

縁の上の力持ち。いすみライフスタイル研究所髙原和江さん

ライター伊東里菜さん


greenzさんが、千葉県いすみ市で、

「仕事・暮らし・社会」がつながる生き方

「ローカル起業」を市民も行政も共に応援する

「いすみローカル起業プロジェクト」の一環として、

いすみ市内で活動されている方々をご紹介くださっています。

インタビューは、

いすみ市在住のライター磯木さんが開催する

『LOCAL WRITE~房総いすみの物語を編む4日間~』

にご参加くださいました皆様です

皆さんそれぞれに受け止めてくださり、

それぞれの皆さんが記事にしてくださいました。

また、greenzさん・磯木さんのおかげで、記事が掲載され

いラ研での活動や大事にしていることなどがより多くの方に

伝わる機会がいただけました。

また、荒川さん 素敵なお写真もありがとうございました。


ライターの皆さんとの出会いとインタビューの時間は

とても楽しくあっという間でした。

ありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしています。

Takahara kazue

NPO法人 いすみライフスタイル研究所 理事長  ちばの野菜伝道師 野菜ソムリエ上級プロ 髙原和江WEBサイト

0コメント

  • 1000 / 1000